free flash templates on free flash templates
地味な地方銀行の底力を知れ!

福島重視の経営を行う東邦銀行

スピーディな対応に心掛ける福井銀行

兵庫の発展に貢献する但馬銀行

資産づくりの相談ができる滋賀銀行

福島重視の経営を行う東邦銀行

東邦銀行のデメリット

東邦銀行は福島に店舗が多く、福島の利用者においては便利な銀行とされています。福島県民や福島にある企業においては利便性のよいことがメリットといってよいでしょう。

しかし、東邦銀行は、福島県以外に店舗やATMがほとんどありません。そのため、東邦銀行の場合、MYキャッシュポイントを活用することによって他行と提携を行い、他行のATMが利用できるようにしています。

それでもMYキャッシュポイントでは、提携銀行が少ないことから、県外の利用においては不便な面が残るようになっています。

また東邦銀行は、マイカーローン、住宅ローン、カードローン、フリーローンなどのローンが充実していることが特徴となっていますが、東邦銀行の借り入れにおいてはデメリットを感じることがあります。

たとえば、東邦銀行では使い道が自由なフリーローンがあります。フリーローンの場合、500万円まで担保を必要としないでお金を借り入れることができます。使用目的が自由なフリーローンでは、担保が必要のない無担保型フリーローンのほか、担保が必要な有担保型フリーローンがあり、無担保型フリーローンのほうは金利が高くなっています。

東邦銀行の場合、無担保型フリーローンでは、固定金利型で基準金利が6.5%と高めです。これは、ネットバンキングで借り入れの申し込みができるネット銀行よりも金利が高めとなっているものですが、担保が必要な有担保型フリーローンでも同様となっています。

そのことから、東邦銀行の無担保型フリーローン、有担保型フリーローンともに、ネット銀行のフリーローンよりも金利が高いので、ローンが長くなると、総返済額が増えてしまうことがデメリットとなります。なお、このような傾向は、東邦銀行住宅ローンやキャッシング、おまとめローンなどの融資においても見られます。