free flash templates on free flash templates
地味な地方銀行の底力を知れ!

福島重視の経営を行う東邦銀行

スピーディな対応に心掛ける福井銀行

兵庫の発展に貢献する但馬銀行

資産づくりの相談ができる滋賀銀行

福島重視の経営を行う東邦銀行

東邦銀行の将来と展望

東邦銀行は、昭和16年に郡山商業銀行、会津銀行、白河瀬谷銀行が合併してできた銀行です。はじめ郡山市に株式会社東邦銀行として設立され、戦時中には多くの銀行を合併しています。

戦後、現在の本店がある福島市に本店を移してからは、しばらくして東証1部に上場し、開業から40年で預金残高は1兆円に達成しました。東邦銀行は福島の金融機関として長く福島県民に親しまれてきた銀行です。そして、現在、東邦銀行は東北地方において第2位の規模をもつ銀行となっています。

東邦銀行はかつて海外に事務所を置くなど、日本の地方銀行として海外進出を行ってきた銀行の一つでしたが、最近はすべての海外事務所を閉鎖したことから、海外への展開は見られなくなっています。その代り、東邦銀行は、地元福島を営業拠点とする銀行として新たな展開を行うようになりました。

東邦銀行は地元に密着することで、経営の健全化を行うようになり、地方銀行として地元や日本経済から信頼される安定した経営を行っています。そのことから、投資リスクを低減した銀行として投資者から投資対象として選ばれるようになっています。東邦銀行は、今後、分配金などが得られる投資効果が期待できるため、資金の運用として活用する人が増えているのです。

また、東邦銀行は、投資が行える銀行としても活用されるようになっています。東邦銀行でもNISA口座開設や投資信託が行うことができるので、福島で投資を行う人からは非常に期待が高まっています。

たとえば、東邦銀行の投資信託では、毎月1万円から手軽に投資できるファンドが人気です。NISAの活用は投資のチャンスとされていることから、今後、低リスクで効率よく利益を上げる投資方法として活用できるものとなっています。

東邦銀行は、投資者のために投資対象ファンドの情報を提供することにより、利用者の利益となる可能性をもつ銀行です。東邦銀行は投資を通じて新たな展開を図っているのです。