free flash templates on free flash templates
地味な地方銀行の底力を知れ!

福島重視の経営を行う東邦銀行

スピーディな対応に心掛ける福井銀行

兵庫の発展に貢献する但馬銀行

資産づくりの相談ができる滋賀銀行

スピーディな対応に心掛ける福井銀行

福井銀行について

福井銀行は、福井では利用する人が多い銀行として人気があります。福井では福井県や福井市などの地方自治体が指定金融機関としています。また、福井銀行は福井県を営業拠点とする地方銀行であることから、多くの地元企業がメインバンクとしています。

福井銀行は明治32年に設立され、開業当時から100年以上も名称を変えない銀行として知られています。これは、日本の銀行の多くが吸収合併によって名称の変更を行ない、設立時の名称を残していない中において国内では珍しい銀行の一つとなっています。

福井銀行は、地元では「福銀」と呼ばれ、福井の金融機関として大きな役割を果たしてきた銀行です。

福井銀行は、福井県のほかに富山県、石川県などにおいても営業を行っています。福井銀行の場合、戦前から福井県や石川県などにあった銀行を吸収合併してきました。そのことから、北陸地方において多くの店舗をもつことになったのです。

たとえば、福井銀行は、明治期から大正期において越前商業銀行、三国商業銀行、若狭商業銀行、高浜銀行、大七銀行、石川銀行などの福井県や石川県にあった銀行の買収や合併をしています。その名残りとして、いまの福井銀行は、石川県金沢市、内灘町、野々市市、白山市、小松市、加賀市、富山県富山市、高岡市に支店を置いているといってよいでしょう。

最近の店舗設備については、金庫通帳繰越機能搭載ATMを採用しています。また、店舗以外でも通帳繰越機能付ATM台を導入することにより、お客へのサービスを充実する環境を実現しています。

そして、現在、福井銀行は、資本金が179億6,500万円、株の発行済株式数は243,446,000株となり、経営状態や株価は好調となっています。今後、福井銀行は、株配当も期待できるとされていることから、株式投資として興味をもつ人が増えています。